予算はどれくらい?

結婚指輪の平均額

基本的に、結婚指輪は婚約指輪と違い2つ分で予算を決定することが多いです。購入金額の平均は大体20万から25万という統計がでています。しかし、結婚指輪の購入金額は年々増加しているようなので、男性の方は少々大変かもしれません。でも大丈夫、結婚指輪が男性が全て支払うというケースは少なく、大体のカップルが二人で折半したり、共有の貯金から負担したりと共同で購入しています。婚約指輪を購入しない場合は、そのぶん結婚指輪をランクの高いものにしたり、男性が仕事上指輪をつけられない場合は女性にだけ少し高めのものを購入する、なんてパターンもあるようです。結婚指輪は最低3万円くらいから用意されているものもあるので、二人でお財布と相談して予算を決定しましょう。

結婚指輪の値段はデザインと素材で決まる

結婚指輪で定番の素材といえばプラチナです。プラチナは使われている純度の高さが重要になります。つまり重さが指輪の価値になるということです。純度が高ければ高いほど価格も上がります。他の人と被りたくないという人には、ゴールドやプラチナとゴールドのミックスされた素材も人気です。こちらも純度によって価格が変わっていきます。デザインで人気なのは石のついていないシンプルなタイプ。形や彫刻などによりますが、ブランドによって価格は違います。最近ではダイヤやサファイアなどの石がついているタイプも主流になってきていて、もちろんそういうタイプのもの方が価格は上がります。予算で決めてしまうよりも、ある程度デザインや素材で好きな指輪を絞ってから指輪を購入するケースが一般的です。